トップページ > メーカーから探す > aderia(アデリア)

アデリア

四季を感じるハンドメイドガラス

日本の豊かな四季彩色をガラスに入れてお届けしたい。幾千ものこだわりの色合いはそんな想いから作りだされている「津軽びいどろ」。

「津軽びいどろ」は、坩堝の中の真っ赤にとけた1500度の灼熱な世界から始まります。吹き竿で巻き取られたガラスは、津軽の職人たちの巧みな技術と技法によって、手づくりならではの柔らかな形にひとつひとつ仕上がっていきます。色とりどりの魅力あふれる「津軽びいどろ」がくつろぎの時間に、そっと寄り添えますように。

高い技術を持った職人たちが紡いだ、北洋硝子と津軽びいどろの歴史

「津軽びいどろ」を生産する北洋硝子の始まりは1949年、漁業用の浮玉(うきだま)製造からでした。

当時は他にも浮玉を製造する工場がありましたが、北洋硝子の吹き上げる浮玉は他に比べ丈夫である、という確かな品質の評価を得て、1973年には国内トップの生産高となりました。その後長年の浮玉製造で培った「宙吹き」の技法を用い、青森の自然をイメージさせるハンドメイドガラスの創作に取り組み、1977年、「津軽びいどろ」が誕生しました。

職人たちは技術開発にも力を注ぎ、美しい色ガラスの調合や、高い技術を要する技法もほぼ独学で習得するなど、常に新しい技へのたゆまない努力を続け、現在では青森県伝統工芸品の指定を受けるに至りました。

多様な技術・技法、自分たちで作り上げた色ガラスを取り入れた商品は、日本を代表するハンドメイドガラスとし てテーブルウェアだけでなくライフスタイル全般に豊かな彩りと季節感を演出しています。かつて浮玉を吹いていた職人達の技術と精神を引き継いだ伝統工芸士と、若い硝子職人達が心を合わせ、「津軽びいどろ」は脈々と作り続けられている商品です。

アデリア

「オイルランプ」が持つきらめきとほのかな揺らぎは、津軽びいどろの清別な透明感をより一層引き立てます。「津軽びいどろ」と「オイルランプ」のコラボレーションは和のインテリアとして上質な贈り物として選んでいただけるよう、様々なバリエーションがあります。

手作り品のため全て少しずつ形が異なり、それも魅力のひとつです。「宙吹き」という、紀元前一世紀ごろから伝わる技法で作られています。職人がひとつひとつ、命を吹き込むように手作りしているため、製作に2ヶ月はかかる希少なものです。