『クリップ』で作れる小さなハンガー 「めっちゃ可愛い」「ピアスかけに最適」

Share Tweet LINE

書類をまとめる時などに使われる『ゼムクリップ』。100円ショップなどにも売っている一般的な文房具です。


このゼムクリップに少し手を加えると「アクセサリーを掛けるハンガーになる」と、ネット上で話題になっています。

どのようにして作るのかをご紹介します。

ゼムクリップのハンガー

用意する物は、ゼムクリップとラジオペンチのみ。

ゼムクリップは用途にもよりますが、40~50mmくらいの大きさが加工しやすいでしょう。


まずは、ゼムクリップの内側にある部分を引き出します。


ハンガーのような角度を付けながら、長いほうの針金を一度真っ直ぐに伸ばします。



さらにハンガーをロープなどに掛ける部分をペンチを使って作っていきます。


長いほうの針金で余った部分はペンチで切断。短いほうの針金は、長いほうの針金に引っ掛けるように曲げます。


これで完成です。



一連の流れを見るとこのような感じです。


実際に使ってみると

早速アクセサリーを掛けて見ました!



これは、可愛い!

まるで洗濯物でも干しているかのように、アクセサリーがぶら下がっています。

ゼムクリップのハンガーを見た人からは、このような声が上がっていました。

【ネットの反応】

・イヤリングをかけてみたら、すごく可愛くてホクホクです!

・ピアスやネックレスかけにも使えて便利。

・ドール用の洋服掛けに最適なサイズで重宝してます。

・使うあてはないけど、とりあえず可愛いから作ってみました。

ゼムクリップのハンガーは、アクセサリーだけでなく、人形などに使う小さな服を掛けるのにも最適なようです。

簡単に作ることができるので、アクセサリーを多く持っている人はもちろん、人形などを集めている人にもおすすめですよ。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE