お米のプロが開発!毎日のごはんがもっと美味しくなる道具セット【お米を美味しく食べる『極』3点セット】

Share Tweet LINE

毎日の食卓に欠かせない『ご飯』。おいしいご飯はなによりのごちそうですね。

『お米選び』や『炊き方』はもちろん大切なポイントですが、実は、お米の『保存方法』も味を左右する大きなポイント。

さらに、普段何気なく行っているお米の『計量』や『研ぎ方』でも、違いが出てくるのだとか。

そこで今回は、お米をおいしく食べるために開発されたお米専用ツール『極(きわみ)』シリーズをご紹介します!

お米のプロが開発

『極(きわみ)』シリーズは、全米販(全国米穀販売事業共済協同組合)とお米マイスターという、いわば『お米のプロ』がタッグを組んで開発。

お米をおいしく食べるための工程を、暮らしの中に簡単に取り入れられるシリーズです。

お米を美味しく食べる『極』3点セット

『お米を美味しく食べる『極』3点セット』があれば、保存する・測る・研ぐの3つを正しい方法で行うことができます。

正しい保存でおいしさ長持ち

まず1つ目のツールは、『極(きわみ)お米保存袋』。

お米を美味しく食べる『極』3点セット

『お米は生ものと同じ』という考えのもと、正しく保存できるように作られたアイテムです。 

ジッパー付きで、『光』・『空気』・『臭い』を通さず密封。お米の鮮度を保持します。

お米を美味しく食べる『極』3点セット

袋の上部には、中の空気を抜く逆止弁付き。酸素に触れる量が少なくなるので、お米が酸化しにくくなります。

お米を美味しく食べる『極』3点セット

さらに、マチ付きなので自立し、冷蔵庫の中でも邪魔にならずに収納可能。

見た目にもスタイリッシュなデザインで、スマートに保存できるのはうれしいですね。

正しい計量でおいしく

続いては、『極(きわみ) お米計量カップ』。

お米を美味しく食べる『極』3点セット

お米をおいしく炊くには、正確な計量も大切なポイント。

保存袋や米びつの底のお米もすくいやすいように、フチが薄くてまっすぐに作られています。

お米を美味しく食べる『極』3点セット

また、段差と大きい数字で目盛りも見やすくするなど、お米の計量のしやすさに徹底的にこだわっています。

お米を美味しく食べる『極』3点セット

やさしくお米を研ぐ

そして3つ目は、『極(きわみ)お米とぎ』。

お米を美味しく食べる『極』3点セット

お米を洗うのは表面についている「ぬか」をとるため。最近は精米技術が発達しているため、お米はやさしく洗うのがコツといえます。

お米を美味しく食べる『極』3点セット

『極(きわみ)お米とぎ』の先端部分は、やわらか素材のエラストマーを使用。お米とお釜にやさしい手とぎ感覚を極めたアイテムです。

お米を美味しく食べる『極』3点セット

また、スピーディーに水切りできるスリット付きなので、お米をこぼさずに水を切ることができますよ。

『お米を美味しく食べる『極』3点セット』は、3㎏が入る『お米保存袋』2枚と、『お米計量カップ』、『お米とぎ』がセットになっています。

お米を美味しく食べる『極』3点セット

毎日のご飯をよりおいしくいただくため、ぜひ取り入れてみてください。


[文・構成/grape SHOP]

Share Tweet LINE