青森の職人たちが紡ぐ、伝統のハンドメイドガラス【津軽びいどろ オイルランプ】

Share Tweet LINE

陶磁器や織物、木工細工など日本各地には、さまざまな伝統工芸品があります。

青森県でつくられるハンドメイドガラス『津軽びいどろ』もそのひとつ。

今回は、日常生活の中で、伝統工芸品をインテリアとして楽しめる『津軽びいどろ オイルランプ』をご紹介します。

職人たちが紡ぐ、伝統のハンドメイドガラス

『津軽びいどろ』をつくる北洋硝子は、青森県で1949年に創業した手仕事のガラス工房。もともとは、漁業で使う浮玉製造からはじまりました。

津軽びいどろ オイルランプ

その後、長年の浮玉製造で培った『宙吹き』の技法を用い、青森の自然をイメージさせるハンドメイドガラスの創作に取り組み、1977年に『津軽びいどろ』が誕生しました。

津軽びいどろ オイルランプ

職人たちは、美しい色ガラスの調合など、常に新しい技へのたゆまない努力を続け、現在では、青森県伝統工芸品の指定されています。

津軽びいどろ オイルランプ

かつて浮玉を吹いていた職人達の技術と精神を引き継いだ伝統工芸士と、若い硝子職人達が心を合わせ、『津軽びいどろ』は脈々と作り続けられていきます。

津軽びいどろ オイルランプ

オイルランプも、職人たちによって、ひとつひとつ命を吹き込むように手作りされています。

津軽びいどろ オイルランプ

手作り品のため全て少しずつ形が異なり、それも魅力のひとつ。表面に入った小さな模様も、個性的で優しい表情を演出します。

津軽びいどろ オイルランプ

オイルランプが持つきらめきとほのかな揺らぎが、『津軽びいどろ』の透明感をより一層引き立てます。

津軽びいどろ オイルランプ

ねぶた

東北三大夏祭りのひとつである『ねぶた祭』の鮮やかさを8色のガラスに映しとりました。 ガラスの透明感は多彩な色を調和し華やかさを与えてくます。

津軽びいどろ オイルランプ

りんご

青森県の名産であるりんごのデザイン。ころんとした形と味わいのある色合いが、ひとつひとつ違った表情のりんごを見せてくれます。

津軽びいどろ オイルランプ

季節の情景

日本の四季をイメージした、舞雪、若葉、青空、茜空。
豊かな四季彩色を様々に組み合わせ、移りゆく情景を表しています。

津軽びいどろ オイルランプ

専用オイル付き

ランプには専用の『レインボーオイル300ml』が付属しています。

津軽びいどろ オイルランプ

パラフィン系オイルを原料とした液体ロウソクで安全性が高く、油煙やスス、臭いが出にくい専用オイルです。

津軽びいどろ オイルランプ

インテリアとしてはもちろん、テーブルコーディネートの演出やアウトドアでも、彩りを与えてくれる『津軽びいどろ オイルランプ』。

ご自宅用に、贈り物に、お気に入りのひとつを見つけてください。


[文・構成/grape SHOP]

Share Tweet LINE